ブラック企業 見分ける方法

そもそもブラック企業とは?

ブラック企業

 

ブラック企業とは、もともとは反社会的企業(暴力団系やそのフロント企業など)を指す言葉でした。

 

 

しかし現在では、長時間労働、厳しいノルマ、サービス残業、パワハラなど、労働基準法などの法律を守らず、労働者の生活・健康をまったく考慮しない企業を指すようです。

 

 

ノルマや長時間労働など、労働環境の「きつさ」は人によって感じ方は違うと思います。
問題なのはその企業が、コンプライアンス(法令遵守)の姿勢があるか、労働に対する報酬があるか、世代交代のための人材育成を考えているか、これらの有無がの大きなポイントになると思います。

 

 

 

一般的にブラック企業の特徴としては、下記のような点が挙げられます。

 

・入社3年内の離職率の高い。
・30〜40代社員が極端に少ない。
・ハローワークや求人誌・求人サイト・新聞の求人広告の常連。
・契約社員、アルバイトの比率が高い。
・やたら事務所やトイレの壁に貼紙が貼ってある。
・貼紙の内容は抽象的な精神論ばかり。
・全体の社員数に対する求人人数の多い会社(離職率高い、頻繁に大量首切り)。
・求人広告に提示されている給与に幅がありすぎる会社。
・歩合給部分の比率が高く、年齢や勤続年数の割にモデル年収が高すぎる会社。
・若い面接官、受付の社員の態度が悪い会社。

 

 

 

こういったブラック企業は、現代では数多く存在しています。
「非正規雇用」が一般的な現代では、力関係が「雇用者>労働者」となりやすく企業も知らず知らずのうちにブラック化している可能性もあるわけです。

 

 

 

そんなブラック企業に入社しないこが理想ですが、万が一あなたがブラック企業に入社してしまった場合は、数々のデメリットを被ることになります。

ブラック企業に入社

 

 

 

・サービス残業。
・体調を崩す。
・面接〜入社〜退社までの時間をムダにする。
・履歴書が汚れる。

 

 

 

などなど良いことは何一つありません。

 

 

 


ブラック企業を見分ける方法とは?

企業が求人募集をする方法としては、ハローワーク、求人広告、求人サイトなどがあります。
先のブラック企業の特徴にあるとおり、ブラック企業は、

 

 

ハローワークや求人誌・求人サイト・新聞の求人広告の常連

 

 

なわけです。

 

 

 

特にハローワークにおいては無料で求人募集の掲載ができますので、ブラック企業にとっては非常に都合のいい場所であり、ブラックな確率は非常に高くなると言えます。

 

 

 

そこで私のブラック企業勤務の経験をもとに、ハローワークの求人検索でブラック企業を見分けるコツを紹介したいと思います。

 

 

 

求人情報の給料が高い!

ハローワーク求人検索で一番先に見る場所は、やはり給料だと思います。
いくらよさげな仕事でも、あまりにも給料が安ければ生活もままならないので見送られると思います。

 

しかしブラック企業の求人募集は他の求人募集に比べ、給料が高く設定されています。
そこで多くの求人者が、その求人募集に目を留めることになります。
でもねこの給料、見せかけなケースがほとんど。

 

給料 = 基本給(最低賃金ぎりぎり) + 歩合給 + 諸手当

 

なんて記載されていますが実際に支払われる給料は、基本給と諸手当のみでごくごく普通の金額になると思われます。

 

サービス残業、無料奉仕の休日出勤を考えれば、割安給料になりますね。
ブラック企業にとって、人材は使い捨て。
「嫌なら辞めてね」感覚で、入社して1年でも安く使えればいいのかもしれませんね。

 

 

高めの給料設定、要注意です!

 

 

 

営業時間終了後や休日に事務所を見に行く!

これによりその会社の残業時間や休日出勤の状況がおおよそ検討がつきます。

 

 

私のブラック企業の経験から言えば、平日9〜22時、土・日・祭日9〜20時勤務。
不動産営業の仕事でしたが、1ヶ月、休みなんてまったくなし。
でも募集要項では、

 

週休2日制。

 

「祝日、夏季・年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇、育児休暇・・・」
「休日出勤した場合は、「振替休日」を取得して頂きます。」

 

 

は〜???

 

 

さすがブラック企業という感じでしたね。
でも東証一部上場企業なんですがね〜。。。

 

 

 

私のような田舎で車移動当たり前の地域では、営業時間内に社員駐車場を見るのもいいですよ。
車両価格が高い車が多ければ給料が高い材料になりますし、車両価格が安い車が多ければ給料が低い可能性が高いと思われます。

 

 

 

面接官が20〜30代、事務所内の従業員の平均年齢が若い!

これも先の上場一部の不動産営業の会社なのですが、面接官が30代前半の方でした。
事務所内は面接官の他に3人いましたが、全員20〜30代でした。
面接もその1回だけで、カンタンに入社OKだったような記憶があります。

 

今その会社のホームページの求人情報をみてみたら、

 

「転職歓迎、30代・40代が活躍中」

 

なんて書いてありました。
ここはホントですね。。。

 

 

従業員の平均年齢が若い会社、要注意です!

 

 

 

 

ネットの評判や口コミを調べてみる!

ブラック企業では多くの方が様々な理由で退職をしています。
中にはインターネット上で、「生の声」を投稿されているケースもあります。

 

すべての内容を鵜呑みには出来ないかもしれませんが、求人内容を見極めるには役立ちます。
ブラック企業を見分けるために役立ちそうなサイトを紹介したいと思います。

 

 

ブラック企業を見分けるサイトググルトブラック
ググルトブラックはGoogle、Yahoo、Bingで検索すると、『○○ ブラック』と表示されるブラック企業を調べるサイトです。

 

 

ブラック企業の口コミサイト転職会議
企業の評判・クチコミなど。

 

 

私の勤務した会社も両者でブラック企業に認定されていましたwww
これを知っていれば、その会社に入社することはなかったと思いましたね。
まあ今では、いい経験だと思っています^^

 

 

 

評判・口コミが悪い会社、要注意です!

 

 

 

ブラック企業に捕まらないためには?

ハローワークの求人検索から面接の段階で、ブラック企業を見極めることはある程度可能です。
チョッとした行動でブラック企業に捕まらずに済むわけです。

 

 

ブラック企業に入社したら最後、心身はボロボロ、貴重な時間もムダにすることになります。
そうならないためには、求人検索から面接の段階での行動が大切になります。

 

 

就職活動の基本の場となる、ハローワーク。
そのハローワークの最大の強みは、地域の密着型の求人件数が圧倒的に多いことです。
この点では、求人サイト・求人広告では太刀打ちできません。

 

 

逆に、求人サイト・求人広告の強みはなんでしょうか?

 

 

求人を出す側(企業・会社)からすれば、わざわざ有料で求人募集をかけるわけですからそれなりの理由があります。

 

 

 

求人サイトのメリット1ハローワークからの人材とは、違った人材探し。

 

求人サイトのメリット2急ぎの人員補充のため、ハローワークとともに求人掲載。

 

求人サイトのメリット3ハローワークで求人募集の掲載ができない。(断られた)

 

 

 

上記のような理由で企業はお金をかけて、求人サイト・求人広告に求人募集の掲載をお願いするわけです。

 

 

ハローワークと求人サイト・求人広告の違いは、求人掲載にお金がかかるかどうかだけです。
どちらが良い、悪いということではないと思います。
ブラック企業は、どちらにでも存在していますので注意は必要です。

 

 

無料で掲載できる分、ハローワークの求人情報の中にブラック企業の割合が高いのが現実です。
そういった点でもハローワークと求人サイト・求人広告の両方で求人検索するのが得策です。

 

 

インターネットの求人サイトは、無料で利用できます。

 

 

最近では、専門分野に特化した求人サイトも数多くあります。
工場系お仕事、エンジニア、IT関連、レストラン・ホテル・飲食店の求人、事務派遣、アパレル、医師、看護師、薬剤師、介護士、保育士、理学療法士などなど。

 

 

インターネットの求人サイトでは、ハローワークのように自宅から出ることなく、ネット上で仕事を紹介してもらうことが可能です。

 

 

いい求人情報はすぐに締切になってしまいますので、早めの行動が成功の秘訣ですよ。

 

 

 

 

 


 
工場・製造業の求人 アパレルの求人 エンジニアの求人 キャッシュバック情報!